*

韓国ドラマ「七日の王妃」のあらすじ

パク・ミニョン、ヨン・ウジン、イ・ドンゴンと豪華キャスト陣が話題となった韓国ドラマの「七日の王妃」(2017)について解説していきたいと思います。

タイトルの「七日の王妃」は、このドラマのヒロインである端敬王后を指します。

端敬王后は、朝鮮11代王の中宗の一番目の王妃さまであり、7日間だけ王妃の座にいました。

朝鮮歴史ドラマにこの王妃様が廃妃される場面は、「宮廷女官チャングムの誓い」や「女人天下」などのドラマにも描かれています。

それに、チマ伝説(中宗が会えなくなった端敬王后を思い彼女が幽閉されていた仁王山の家を眺めているのを聞いた端敬王后はチマを岩にかけておいた)でも有名な女性です。

今回のドラマで、端敬王后役を韓国女優のパク・ミニョンが演じます。そして夫の中宗役をヨン・ウジン、悪名高き暴君の燕山君をイ・ドンゴンが演じます。

イ・ドンゴンの悪役も注目の一つですよね。

韓国ドラマ「七日の王妃」のストーリー

七日の王妃

燕山君(イ・ドンゴン)の時世。

干ばつに悩まされていた燕山君は、王室の婚礼が干ばつの解消につながるという話を聞いて、異母弟のヨク(ヨン・ウジン)とチェギョン(パク・ミニョン)の婚礼を進めようとする。

チェギョンの父親シン・スグンは、燕山君の義理の兄であり縁戚となっていたのだ。

自分の娘を王族に嫁がせて苦労させたくないシン・スグンは、チェギョンを田舎へと遠ざけた。

しかし、チェギョンは両親と離れて暮らしていたことを不満に思って男装して都に向かいます。

そこで、チェギョンは偶然ヨクと出会い、二人は次第に惹かれ合います。

結局、色々ありながらもヨクとチェギョンは結婚します。

幸せになるはずだった二人の間に権力争いから不穏な空気が流れはじめます。

燕山君がクーデターにより失脚してヨクが即位して中宗となりチェギョンは端敬王后となります。

しかし、縁戚である端敬王后もたった7日間で廃妃されます。

その一連の流れを悲恋のストーリーとして描かれているのが「七日の王妃」であります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「推奴」のあらすじ

推奴(チュノ)は、有名な韓国ドラマですが、今更ながらどんなストーリーなのか紹介していきたいと思います

記事を読む

韓国ドラマ「信義」

韓国ドラマ「信義」は、2012年、韓国で放送されたドラマ。時空をこえた愛を描いた作品です。「シンイ」

記事を読む

韓国ドラマ「華政(ファジョン)」のあらすじ

BSフジで放送されている韓国ドラマ「華政(ファジョン)」(全65話)を取り上げてみたいと思います。

記事を読む

韓国ドラマ「武神」

「武神」は高麗時代の男たちを鮮やかに描いた韓国ドラマです。 主役となるのはキム・ジュヒョクさんが演

記事を読む

韓国ドラマ「秘密の扉」のあらすじ

2014年のSBSドラマ「秘密の扉」が、平日のPМ3時台にBSフジで再放送されています。 タイ

記事を読む

韓国ドラマ「大王の道」のあらすじ

昨日のお昼、BS日テレで放送開始された韓国ドラマ「大王の道」(全34話)のあらすじを紹介しておきます

記事を読む

韓国ドラマ「ソドンヨ」

韓国ドラマ「ソドンヨ」は、大ヒット作となった「宮廷女官 チャングムの誓い」の演出家イ・ビョンフンと脚

記事を読む

韓国ドラマ「ホン・グギョン(洪国栄)」のあらすじ

来年の2017年早々にスタートする韓国ドラマの中で、観たいなぁと思っている作品が「ホン・グギョン(洪

記事を読む

韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」のあらすじ

長編の韓国ドラマという事で今回紹介する作品が、韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン(守百香)」(全72話

記事を読む

韓国ドラマ「雲が描いた月明り」のあらすじ

現在、BS11の夕方に放送されている韓国ドラマ「雲が描いた月明り」は、2016年に韓国KBSで高視聴

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑