*

韓国ドラマ「九家の書」のあらすじ

2015年にBS-TBSでも放送された韓国ドラマ「九家の書~千年に一度の恋~」が、2018年4月2日からBSフジにて放送されるので楽しみです♪

韓国ドラマ「九家の書」は、2013年に韓国MBCで放送されました。全23話のファンタジー要素のあるラブストーリーです。

視聴率も良く音楽もヒットしたようですね。

主演は、イ・スンギ、ヒロインが「miss A」のペ・スジです。その他、チェ・ジニョク、イ・ヨニ(特別出演)、ソンジュン、ユ・ヨンソク、イ・ユビ、イ・ソンジェなど。

韓国ドラマ「九家の書~千年に一度の恋~」のストーリー


九家の書~千年に一度の恋~

智異山の神獣であるウォルリョン(チェ・ジニョク)は、両班の娘だったソファ(イ・ヨニ)と恋に落ち二人は夫婦になってやがてガンチ(イ・スンギ)が生まれますが、ウォルリョンは非業の死を迎えます。

一人ぼっちになったガンチは百年客館の館主であるムソルの元で明るく正義感あふれる青年に成長します。

ガンチは、ムソルの息子テソ(ユ・ヨンソク)や娘チョンジョ(イ・ユビ)と仲良くなりますが、高官のグァヌン(イ・ソンジェ)の策略でムソル一家は没落してしまいます。

ムソルは死に追いやられテソは牢獄に、そしてガンチと想いを寄せ合っていたチョンジョは妓房に売られてしまいます。

怒りに震えるムソルは、神獣のチカラに目覚めてしまいます。

自分の生い立ちや神獣のチカラを知らなかったムソルは、困惑しますが・・・。

一方、そんなムソルを助けようとする人物が登場します。

それが、女武芸師範のヨウル(ペ・スジ)です。

彼女は、密命によりムソルのそばで助けるうちに心を通わせるようになりますが・・・。

宿敵グァヌンとの対決やヨウルとの仲がどうなっていくのかが作品の見所です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「大望」

韓国ドラマ「大望」は時代劇に区分されてはいますが、かなり現代に近い18世紀の韓国を描いた物語です。

記事を読む

韓国ドラマ「ファン・ジニ」のあらすじ

私がはじめてハマった韓国ドラマが「ファン・ジニ(黄真伊)」(2006)です。当時、NHKで放送された

記事を読む

韓国ドラマ「鉄の王 キム・スロ」のあらすじ

2010年にMBCで放送されたチソン主演の韓国ドラマ「鉄の王 キム・スロ(金首露)」が、BSフジにて

記事を読む

韓国ドラマ「海神」のあらすじ

BS12で今日からスタートする韓国ドラマ「海神(ヘシン)」(全51話)は、676年から935年にかけ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑