*

韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」のあらすじ

長編の韓国ドラマという事で今回紹介する作品が、韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン(守百香)」(全72話、オリジナル全108話)です。

2013年~2014年にかけて、韓国MBCで放送されました。現在、日本ではBS11にて平日5時から放送されています。

「帝王の娘スベクヒャン」のキャスト陣は、主演に韓国女優ソ・ヒョンジンです。ソ・ヒョンジンは、「馬医」「三銃士」でおなじみの女優さんですね。

その他、スベクヒャンに成りすます異父妹役にソウです。イ・ジェリョン、チョ・ヒョンジェなども登場しています。

それでは、簡単に「帝王の娘スベクヒャン」のあらすじを紹介しておきますね。

韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」のストーリー


韓国ドラマ「帝王の娘 スベクヒャン」 DVD-BOX

百済の第24代・東城王の時代。娘チェファは、東城王のいとこであるユンと恋に落ちて彼の子を身ごもる。娘が生まれたら「百済を守る花=スベクヒャン」という名をつけようと話す。

しかし、そんな二人の人生の歯車が狂いだす。

チェファの父親が唆されて東城王を暗殺。そして、ユンによって自害に追い込まれるのだった。

ユンは、チェファも死んだと聞かされる。やがてユンは、百済の第25代・武寧王として即位することになる。

一方、死んだはずのチェファは実は生きていて女の子を出産する。その娘は、スベクヒャンとは名付けられずソルランという名前を名付けられる。

ソルラン(ソ・ヒョンジン)は、母のチェファとともに家来だったクチョンと伽耶で生活をすることになる。

ソルランは、帝王の娘スベクヒャンになることができるのか?彼女の紆余曲折の人生が描かれています。

ちなみに、東城王や武寧王などは実在の人物ですがスベクヒャンは創作上の人物ですね。

ソルランが武寧王の娘である事を知って彼女に成りすまそうとする異父妹のソルヒ(ソウ)や第26代・聖王となるミョンノン(チョ・ヒョンジェ)なども絡んでストーリーを複雑にしています。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「雲が描いた月明り」のあらすじ

現在、BS11の夕方に放送されている韓国ドラマ「雲が描いた月明り」は、2016年に韓国KBSで高視聴

記事を読む

韓国ドラマ「夜を歩く士」のあらすじ

BS-TBSで放送中の韓国ドラマ「夜を歩く士」(2015)ですが、この間、1話だけ途中で観て面白いな

記事を読む

韓国ドラマ「輝くか、狂うか」のあらすじ

今日からスタートした韓国ドラマ「輝くか、狂うか」(全24話)が何だか面白そうなので、どんな作品なのか

記事を読む

韓国ドラマ「信義」

韓国ドラマ「信義」は、2012年、韓国で放送されたドラマ。時空をこえた愛を描いた作品です。「シンイ」

記事を読む

韓国ドラマ「イ・サン」

2008年に韓国で放映されると、多くの視聴者をテレビの前にくぎ付けにした韓国歴史ドラマとして人気の「

記事を読む

韓国ドラマ「三銃士」のあらすじ

2014年の韓国ドラマ「三銃士」ですが、日本では現在、BSプレミアムで放送されています。毎週日曜日の

記事を読む

韓国ドラマ「馬医」

韓国ドラマ「馬医」は2012年から2013年にかけて全50話編成で放映された時代劇です。「馬医」とい

記事を読む

韓国ドラマ「大王の道」のあらすじ

昨日のお昼、BS日テレで放送開始された韓国ドラマ「大王の道」(全34話)のあらすじを紹介しておきます

記事を読む

韓国ドラマ「王の顔」のあらすじ

2014年にKBSで放送された韓国ドラマ「王の顔」(全23話)がBSジャパンで放送されています。主要

記事を読む

韓国ドラマ「ホン・グギョン(洪国栄)」のあらすじ

来年の2017年早々にスタートする韓国ドラマの中で、観たいなぁと思っている作品が「ホン・グギョン(洪

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑