*

韓国ドラマ「ゴハン行こうよ」のあらすじ

以前、BS朝日で放送していた韓国ドラマ「ゴハン行こうよ」(全16話)は、2013年の作品です。キャストは、イ・スギョン、ユン・ドゥジュン、ユン・ソヒ、シム・ヒョンタク。

ちなみに「ゴハン行こうよ」は、好評だった事もあり続編も作られました。続編は、2015年に制作された「ゴハン行こうよ シーズン2」(全18話)です。この時の主演は、前作に引き続きユン・ドゥジュンが務めました。

ここでは、続編ではなく最初の作品「ゴハン行こうよ」を紹介していきたいと思います。

ヒロインを演じた韓国女優イ・スギョンは、同姓同名の役というのもなかなか面白いですね。

韓国ドラマ「ゴハン行こうよ」のストーリー


ゴハン行こうよ DVDコンプリート・ボックス

法律事務所で働くイ・スギョン(イ・スギョン)は、美人だが傲慢でプライドが高い。そして、20代の時にわずか半年で離婚した経験を持つ。

スギョンは、法律事務所の代表弁護士キム・ハンムン(シム・ヒョンタク)に理不尽な仕事を押し付けられていてストレスがたまっていた。

実は大昔、キム・ハンムンはスギョンに告白して振られていたのだ。しかし、スギョンは全くその事を覚えておらず・・・。

仕事でストレスを抱えるスギョンの楽しみは、食べることでした。グルメブログ「食事をしましょう」にアップされている美味しそうな料理をみるのも楽しみでした。

そんな彼女の住むマンションの隣に同じグルメの年下イケメン、ク・デヨン(ユン・ドゥジュン)が引っ越してきます。彼は、グルメブログの運営者でやり手の保険営業員。

スギョンとデヨンは同じグルメ通という事で急接近するが・・・。

スギョン、デヨン、キム弁護士、そしてスギョンとデヨンと同じマンションの隣人である世間知らずのお嬢様ジニ(ユン・ソヒ)の恋愛模様が見所です。

また、毎回登場する美味しそうな料理の数々も見所でもありますね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「美女の誕生」のあらすじ

もう放送が終了してしまいましたが、BS11の土日午前10時に観ていた韓国ドラマ「美女の誕生」(全25

記事を読む

韓国ドラマ「イケメンラーメン店」

韓国ドラマ「イケメンラーメン店」は、「甘いウソ」や「爆烈野球団!」のチョン・ジョンファが演出、「オレ

記事を読む

韓国ドラマ「シークレットガーデン」

韓国ドラマ「シークレットガーデン」のあらすじです。 2010-2011年に放送された韓国ドラマ

記事を読む

韓国ドラマ「まるごとマイラブ」

韓国ドラマ「まるごとマイラブ」は、豪華K-POPスター達の夢の共演で話題となった30分210話完結の

記事を読む

韓国ドラマ「ロマンスが必要」

韓国ドラマ「ロマンスが必要」は、韓国版「SEX and the CITY」として、若い女性たちの間で

記事を読む

韓国ドラマ「フルハウス」

「フルハウス」は2004年に韓国で大ヒットしたドラマです。 「フルハウス」は両親が残した家のこ

記事を読む

韓国ドラマ「ゴー・バック夫婦」でチャン・ナラとソン・ホジュンが夫婦役だが・・・

現在放送中の韓国ドラマ「運命のように君を愛してる」でヒロイン役をしている韓国女優のチャン・ナラ。

記事を読む

韓国ドラマ「ロボットじゃない」はユ・スンホとチェ・スビンのラブコメディ作品

韓国ドラマ「ロボットじゃない」が、BSフジで再放送されます。 ユ・スンホ主演のラブコメディ作品

記事を読む

韓国ドラマ「野獣の美女コンシム」のあらすじ

BSジャパンの平日PМ3時台に放送している韓国ドラマ「野獣の美女コンシム」(全24話)は、2016年

記事を読む

韓国ドラマ「彼女はきれいだった」のあらすじ

2015年、韓国MBCで放送された韓国ドラマ「彼女はきれいだった」(全20話)は、ドラマの放送が進む

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

韓国ドラマ「操作~隠された真実」はメディア業界の闇を扱った作品

2017年にSBSで放送された韓国ドラマ「操作~隠された真実」は、メデ

韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」のあらすじとキャストについて

BSフジ放送の韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」は、2017年に韓国

韓国俳優コ・ギョンピョのプロフィールと彼女や過去のJYJユチョンへの批判について

韓国ドラマ「最強配達人~夢みるカップル~」(2017)で熱血カリスマ配

韓国ドラマ「最強配達人」のあらすじやキャスト紹介!コ・ギョンピョとチェ・スビン主演

今回は、韓国ドラマ「最強配達人~夢みるカップル~」をピックアップしてみ

韓国俳優ヤン・ドングンの子供は3人!韓国ドラマ「奥様はサイボーグ」同様のパパぶり

BS12トゥエルビで放送している韓国ドラマ「奥様はサイボーグ」(201

→もっと見る

PAGE TOP ↑