*

韓国ドラマ「運勢ロマンス」のあらすじ

2017年4月28日(金)からBSジャパンで放送開始される韓国ドラマ「運勢ロマンス」(全16話)について取り上げます。

2016年に韓国で制作された新しいドラマ作品です。

キャストは、ファン・ジョンウム、リュ・ジュンヨル、イ・スヒョク、イ・チョンア他。

占いにハマるヒロインとクールで天才的頭脳の男子とのラブコメディーです。

韓国ドラマ「運勢ロマンス」のストーリー


韓国ドラマ「運勢ロマンス」DVD-BOX

明るく前向きなヒロインのボニ(ファン・ジョンウム)は、最近、運に恵まれないと思っている。

プログラマーとして入社した会社で給料を貰えずにいたボニは、自身の家賃を滞納していた。しかも妹のボラが交通事故に遭ったため入院中でその入院費さえも払えない・・・。

ボニは、占い師に相談に行くとあるお告げを告げられる。

それは、ボニが寅年の男と一夜を共にすれば妹が寝たきりの状態から回復すると言うのだ。

ボニは、占いを信じて寅年の男を探すが・・・。

そこで出会うのが、ゲーム会社を経営していて天才的頭脳を持つスホ(リュ・ジュンヨル)です。スホは、クールな性格で嫌味な態度をとるので部下にも裏切られる始末。そんなスホの前にボニ(というかボニが手掛けたゲーム企画)があらわれる。

スホはボニにゲームのプロジェクトに参加するように持ち掛けてくる。

しかし、このゲーム会社はボニの妹が交通事故に遭った遠い原因でもあるしで、ボニはゲーム会社の入社を迷っていた。

やがて、ボニはスホが寅年という事がわかり入社と引き換えに契約的な恋愛関係を持とうとスホに提案する。

疑似恋愛の二人の関係が本当の恋愛関係にかわるまでのお話ですね。

その他の登場人物として、ボニの幼馴染で世界的なテニスプレーヤーのゴヌク(イ・スヒョク)は、ボニに思いを寄せる役です。また、ゴヌクのマネジメント担当のソリ(イ・チョンア)は、スホの初恋の相手。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「匂いを見る少女」のあらすじ

パク・ユチョンが主演をしている韓国ドラマ「匂いを見る少女」が、BS-TBSで放送中です。他のキャスト

記事を読む

韓国ドラマ「屋根部屋のプリンス」のあらすじ

WOWOWで2017年8月より再放送される予定の韓国ドラマ「屋根部屋のプリンス」(制作:2012年)

記事を読む

韓国ドラマ「ロボットじゃない」はユ・スンホとチェ・スビンのラブコメディ作品

韓国ドラマ「ロボットじゃない」が、BSフジで再放送されます。 ユ・スンホ主演のラブコメディ作品

記事を読む

韓国ドラマ「イケメンラーメン店」

韓国ドラマ「イケメンラーメン店」は、「甘いウソ」や「爆烈野球団!」のチョン・ジョンファが演出、「オレ

記事を読む

韓国ドラマ「フルハウス」

「フルハウス」は2004年に韓国で大ヒットしたドラマです。 「フルハウス」は両親が残した家のこ

記事を読む

韓国ドラマ「宮」

韓国ドラマ「宮」は、もしもまだ韓国に王室が続いていたらどうなっている?という大胆な発想をもとに描かれ

記事を読む

韓国ドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」のあらすじ

面白いと評判のラブコメディー「チーズ・イン・ザ・トラップ」ですが、私は視聴をしていないので、どんな内

記事を読む

韓国ドラマ「ドキドキ再婚ロマンス」のあらすじ

2016年に放送された韓国ドラマの中で平均視聴率トップを記録した韓国ドラマ「ドキドキ再婚ロマンス~子

記事を読む

韓国ドラマ「美女の誕生」のあらすじ

もう放送が終了してしまいましたが、BS11の土日午前10時に観ていた韓国ドラマ「美女の誕生」(全25

記事を読む

韓国ドラマ「ボスを守れ」

韓国ドラマ「ボスを守れ」は、「天使の誘惑」のソン・ジュンヒョン監督と、人気脚本家のクォン・ギヨウンが

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

韓国ドラマ「100日の郎君様」のあらすじとキャストは?ド・ギョンス、ナム・ジヒョン主演

BSプレミアムの日曜日夜は、「不滅の恋人」と「100日の郎君様」を放送

韓国ドラマ「明日も晴れ」のあらすじ 主演はソル・イナとチン・ジュヒョン

2019年6月スタートのBS11で放送中の韓国ドラマ「明日も晴れ」(全

韓国ドラマ「油っこいロマンス」は中国料理店で働く2PMのジュノ主演作品

2PMのイ・ジュノ主演の韓国ドラマ「油っこいロマンス」(2018・SB

韓国ドラマ「不滅の恋人」のあらすじとキャスト!インス大妃との比較

今日からNHK夜23時にスタートする韓国ドラマ「不滅の恋人」ですが、全

韓国女優 キム・ソヒョンのプロフィールや過去の出演ドラマ「太陽を抱く月」

韓国ドラマ「ラジオロマンス」(2018)で、ラジオ放送作家のヒロイン役

→もっと見る

PAGE TOP ↑