*

韓国ドラマ「奇皇后」のあらすじ

公開日: : 最終更新日:2016/02/20 王朝歴史ロマン , , ,

実在した女性・奇皇后の人生を韓国女優 ハ・ジウォンが力強く演じた作品が韓国ドラマ「奇皇后」です。

韓国ドラマ「奇皇后」では、本当の奇皇后の姿とはかけ離れている部分が多く見受けられますが、奇皇后自身が、元へ送られた高麗の貢女であること、そして跡継ぎを生んで権力を握ることは一緒です。史実と創作が入れ混じったような作品ですが、壮大な歴史ストーリーなので十分楽しめると思います。

視聴率もスタートから良くて、又、ハ・ジウォンの演技大賞をはじめ数々の演劇賞を受賞しました。2013年放送、全51回なので長くもなく短くもない観るのに丁度よい作品かなぁと思います。

それでは、韓国ドラマ「奇皇后」の簡単なあらすじを紹介したいと思います。


奇皇后 ―ふたつの愛 涙の誓い― DVD

時は、14世紀中期、高麗の少女ヤン(元ではスンニャンと名乗る、後の奇皇后)は、貢女として母をはじめ沢山の女性達と一緒に元に連れられて行く最中だった。その時、人質として同行していた高麗の世子(後の高麗王)ワン・ユと知り合い、逃亡を助けてもらう。しかし、ヤンは母を殺され自身も危険から男の姿に変える。その後、男の姿のまま再会したヤンとワン・ユだったが、二人は惹かれ合う。

そして、色々あって結局、別れ別れになるヤンとワン・ユ。ヤンはスンニャンと名乗りやがて元の皇帝タファン付の女官となり寵愛を受けることになる。

二人の男性に愛されるヒロインのラブストーリー。そして、元、高麗の権力争いなど見所満載です。

主な登場人物のキャストは、ヒロインの奇皇后役がハ・ジウォンは先述の通りですね。高麗王ワン・ユ役がチュ・ジンモ、元皇帝タファン役がチ・チャンウクがそれぞれ演じています。

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

関連記事

韓国ドラマ「武人時代」

イケメン韓流スターを思う存分に楽しみたい人におすすめなのが、韓流ドラマの中でも歴史的な超大作といわれ

記事を読む

韓国ドラマ「輝くか、狂うか」のあらすじ

今日からスタートした韓国ドラマ「輝くか、狂うか」(全24話)が何だか面白そうなので、どんな作品なのか

記事を読む

韓国ドラマ「太陽を抱く月」

韓国で100万部を超えるベストセラーとして大人気だった小説を、ファンの期待に応えるためにドラマ化され

記事を読む

韓国ドラマ「大王の道」のあらすじ

昨日のお昼、BS日テレで放送開始された韓国ドラマ「大王の道」(全34話)のあらすじを紹介しておきます

記事を読む

韓国ドラマ「雲が描いた月明り」のあらすじ

現在、BS11の夕方に放送されている韓国ドラマ「雲が描いた月明り」は、2016年に韓国KBSで高視聴

記事を読む

韓国ドラマ「魔女宝鑑」のあらすじ

朝鮮時代劇の韓国ドラマ「魔女宝鑑 ~ホジュン、若き日の恋~」(2016)を紹介していきたいと思います

記事を読む

韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」のあらすじ

長編の韓国ドラマという事で今回紹介する作品が、韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン(守百香)」(全72話

記事を読む

韓国ドラマ「秘密の扉」のあらすじ

2014年のSBSドラマ「秘密の扉」が、平日のPМ3時台にBSフジで再放送されています。 タイ

記事を読む

韓国ドラマ「ホン・グギョン(洪国栄)」のあらすじ

来年の2017年早々にスタートする韓国ドラマの中で、観たいなぁと思っている作品が「ホン・グギョン(洪

記事を読む

韓国ドラマ「推奴」のあらすじ

推奴(チュノ)は、有名な韓国ドラマですが、今更ながらどんなストーリーなのか紹介していきたいと思います

記事を読む

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

韓国ドラマ「皇后の品格」のあらすじ!チャン・ナラとチェ・ジニョクが再共演

BS日テレで、2020年11月17日よりスタートする全26話の王室ラブ

韓国女優のイム・ファヨン 姉は人気ミュージカル女優のイム・ガンヒ

韓国ドラマ「刑務所のルールブック」で、パク・ヘス演じる主人公の妹役をし

韓国俳優 パク・ヘスのプロフィール!演劇界で活躍していた実力派

「刑務所のルールブック」(tvN)という韓国ドラマで、主演していたパク

韓国ドラマ「刑務所のルールブック」のあらすじ!パク・ヘス主演

2017年から2018年にかけて韓国tvNにて放送された作品が、パク・

INFINITEのエル 韓国俳優としても活躍中!ドラマ「仮面の王 イ・ソン」など

JTBCの韓国ドラマ「ハンムラビ法廷」は、2018年に放送された作品で

→もっと見る

PAGE TOP ↑