*

韓国ドラマ「夜を歩く士」のあらすじ

BS-TBSで放送中の韓国ドラマ「夜を歩く士」(2015)ですが、この間、1話だけ途中で観て面白いなぁと思っていたのですが、あと少しで終わるんですね。

ということで、まだよく話を掴めていない「夜を歩く士」のストーリーを調べてみました。

キャストは、主演のイ・ジュンギの他に東方神起のチャンミンも出演しています。ヒロインが、「ピノキオ」にも出演していた韓国女優イ・ユビですね。

「夜を歩く士」の「士」は、ソンビと読ませます。

イ・ジュンギは、人間の心を持った美しい吸血鬼役を演じます。

韓国ドラマ「夜を歩く士」のストーリー


韓国ドラマ 夜を歩く士<ソンビ>DVD

朝鮮王朝時代、エリート官史だったソンヨル(イ・ジュンギ)は、婚約者ミョンヒ(キム・ソウン)と親友のチョンヒョン世子(イ・ヒョヌ)を悪の吸血鬼クィ(イ・スヒョク)によって失った過去があった。

ソンヨルも吸血鬼になってクィに復讐する事だけを生きがいに長い年月を生きてきた。

そして、120年後ー。

ソンヨルは、男装の本売り娘・ヤンソン(イ・ユビ)と出会う。彼女に、クィを倒す秘伝書を探すように依頼するのでした。明るくて可愛らしいヤンソンと接するうちに彼女に心惹かれていくソンヨルでしたが、自分が吸血鬼であることが邪魔をして彼女に冷たい態度をとってしまいます。

また、同じくクィを倒そうと機会を伺っていた世孫のユン(チャンミン)もヤンソンに惹かれていきます。ヤンソンはユンの生き別れになった幼馴染のジンにそっくりだった事もあり・・・。(実はジンの正体はヤンソンでした。)

それから、120年前に死んだソンヨルの婚約者ミョンヒにそっくりのヘリョン(キム・ソウンり二役)も現れます。彼女は、クィの手下で意図的にソンヨルに近づいてきます。

ソンヨルとユンは、悪の吸血鬼クィを倒すことができるのか?そして、ヤンソンとのラブロマスはどうなるのか?

といったところが見所になります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「馬医」

韓国ドラマ「馬医」は2012年から2013年にかけて全50話編成で放映された時代劇です。「馬医」とい

記事を読む

韓国ドラマ「花たちの戦い~宮廷残酷史~」のあらすじ

2016年6月14日から放送スタート予定の韓国ドラマ「花たちの戦い~宮廷残酷史~」(BS-TBS)は

記事を読む

韓国ドラマ「不滅の恋人」のあらすじとキャスト!インス大妃との比較

今日からNHK夜23時にスタートする韓国ドラマ「不滅の恋人」ですが、全20回と短いですが楽しみにして

記事を読む

韓国ドラマ「イ・サン」

2008年に韓国で放映されると、多くの視聴者をテレビの前にくぎ付けにした韓国歴史ドラマとして人気の「

記事を読む

韓国ドラマ「輝くか、狂うか」のあらすじ

今日からスタートした韓国ドラマ「輝くか、狂うか」(全24話)が何だか面白そうなので、どんな作品なのか

記事を読む

韓国ドラマ「奇皇后」のあらすじ

実在した女性・奇皇后の人生を韓国女優 ハ・ジウォンが力強く演じた作品が韓国ドラマ「奇皇后」です。

記事を読む

韓国ドラマ「トンイ」

韓国ドラマ「トンイ」は、「チャングムの誓い」や「イ・サン」の製作を行った監督、イ・ビョンフンが監督を

記事を読む

韓国ドラマ「イニョプの道」のあらすじ

BSプレミアムで本日4月3日から放送される韓国ドラマ「イニョプの道」ですが、その前に直前スペシャル放

記事を読む

韓国ドラマ「大王の道」のあらすじ

昨日のお昼、BS日テレで放送開始された韓国ドラマ「大王の道」(全34話)のあらすじを紹介しておきます

記事を読む

韓国ドラマ「華政(ファジョン)」のあらすじ

BSフジで放送されている韓国ドラマ「華政(ファジョン)」(全65話)を取り上げてみたいと思います。

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

韓国俳優 ド・ギョンスはEXOのメンバーであり現在は兵役の真っ最中!

NHK BSプレミアムでの放送が終わってしまいましたが、韓国ドラマ「1

韓国女優 ソル・イナのプロフィールと熱愛情報は?過去の彼氏について

韓国女優ソル・イナは、2018年の韓国ドラマ「明日も晴れ」で初主演を果

韓国ドラマ「100日の郎君様」のあらすじとキャストは?ド・ギョンス、ナム・ジヒョン主演

BSプレミアムの日曜日夜は、「不滅の恋人」と「100日の郎君様」を放送

韓国ドラマ「明日も晴れ」のあらすじ 主演はソル・イナとチン・ジュヒョン

2019年6月スタートのBS11で放送中の韓国ドラマ「明日も晴れ」(全

韓国ドラマ「油っこいロマンス」は中国料理店で働く2PMのジュノ主演作品

2PMのイ・ジュノ主演の韓国ドラマ「油っこいロマンス」(2018・SB

→もっと見る

PAGE TOP ↑