*

韓国ドラマ「夜を歩く士」のあらすじ

BS-TBSで放送中の韓国ドラマ「夜を歩く士」(2015)ですが、この間、1話だけ途中で観て面白いなぁと思っていたのですが、あと少しで終わるんですね。

ということで、まだよく話を掴めていない「夜を歩く士」のストーリーを調べてみました。

キャストは、主演のイ・ジュンギの他に東方神起のチャンミンも出演しています。ヒロインが、「ピノキオ」にも出演していた韓国女優イ・ユビですね。

「夜を歩く士」の「士」は、ソンビと読ませます。

イ・ジュンギは、人間の心を持った美しい吸血鬼役を演じます。

韓国ドラマ「夜を歩く士」のストーリー


韓国ドラマ 夜を歩く士<ソンビ>DVD

朝鮮王朝時代、エリート官史だったソンヨル(イ・ジュンギ)は、婚約者ミョンヒ(キム・ソウン)と親友のチョンヒョン世子(イ・ヒョヌ)を悪の吸血鬼クィ(イ・スヒョク)によって失った過去があった。

ソンヨルも吸血鬼になってクィに復讐する事だけを生きがいに長い年月を生きてきた。

そして、120年後ー。

ソンヨルは、男装の本売り娘・ヤンソン(イ・ユビ)と出会う。彼女に、クィを倒す秘伝書を探すように依頼するのでした。明るくて可愛らしいヤンソンと接するうちに彼女に心惹かれていくソンヨルでしたが、自分が吸血鬼であることが邪魔をして彼女に冷たい態度をとってしまいます。

また、同じくクィを倒そうと機会を伺っていた世孫のユン(チャンミン)もヤンソンに惹かれていきます。ヤンソンはユンの生き別れになった幼馴染のジンにそっくりだった事もあり・・・。(実はジンの正体はヤンソンでした。)

それから、120年前に死んだソンヨルの婚約者ミョンヒにそっくりのヘリョン(キム・ソウンり二役)も現れます。彼女は、クィの手下で意図的にソンヨルに近づいてきます。

ソンヨルとユンは、悪の吸血鬼クィを倒すことができるのか?そして、ヤンソンとのラブロマスはどうなるのか?

といったところが見所になります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」のあらすじ

長編の韓国ドラマという事で今回紹介する作品が、韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン(守百香)」(全72話

記事を読む

韓国ドラマ「馬医」

韓国ドラマ「馬医」は2012年から2013年にかけて全50話編成で放映された時代劇です。「馬医」とい

記事を読む

韓国ドラマ「大王世宗」

2008年に韓国で放送された「大王世宗(テワンセジョン)」。韓国版大河ドラマともいうべき、トータルで

記事を読む

韓国ドラマ「武人時代」

イケメン韓流スターを思う存分に楽しみたい人におすすめなのが、韓流ドラマの中でも歴史的な超大作といわれ

記事を読む

韓国ドラマ「ホン・グギョン(洪国栄)」のあらすじ

来年の2017年早々にスタートする韓国ドラマの中で、観たいなぁと思っている作品が「ホン・グギョン(洪

記事を読む

韓国ドラマ「夜叉(ヤチャ)」のあらすじ

BS11で毎週木曜夜8時から放送されている韓国ドラマ「夜叉」(全12話)が面白そうなので、どんな内容

記事を読む

韓国ドラマ「推奴」のあらすじ

推奴(チュノ)は、有名な韓国ドラマですが、今更ながらどんなストーリーなのか紹介していきたいと思います

記事を読む

韓国ドラマ「華政(ファジョン)」のあらすじ

BSフジで放送されている韓国ドラマ「華政(ファジョン)」(全65話)を取り上げてみたいと思います。

記事を読む

韓国ドラマ「根の深い木」

韓国ドラマ「根の深い木」は、ハングル誕生を描いた全24話からなる韓国時代劇。韓国での視聴率は最高が2

記事を読む

韓国ドラマ「太陽を抱く月」

韓国で100万部を超えるベストセラーとして大人気だった小説を、ファンの期待に応えるためにドラマ化され

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

韓国ドラマ「100日の郎君様」のあらすじとキャストは?ド・ギョンス、ナム・ジヒョン主演

BSプレミアムの日曜日夜は、「不滅の恋人」と「100日の郎君様」を放送

韓国ドラマ「明日も晴れ」のあらすじ 主演はソル・イナとチン・ジュヒョン

2019年6月スタートのBS11で放送中の韓国ドラマ「明日も晴れ」(全

韓国ドラマ「油っこいロマンス」は中国料理店で働く2PMのジュノ主演作品

2PMのイ・ジュノ主演の韓国ドラマ「油っこいロマンス」(2018・SB

韓国ドラマ「不滅の恋人」のあらすじとキャスト!インス大妃との比較

今日からNHK夜23時にスタートする韓国ドラマ「不滅の恋人」ですが、全

韓国女優 キム・ソヒョンのプロフィールや過去の出演ドラマ「太陽を抱く月」

韓国ドラマ「ラジオロマンス」(2018)で、ラジオ放送作家のヒロイン役

→もっと見る

PAGE TOP ↑