*

韓国ドラマ「夜を歩く士」のあらすじ

BS-TBSで放送中の韓国ドラマ「夜を歩く士」(2015)ですが、この間、1話だけ途中で観て面白いなぁと思っていたのですが、あと少しで終わるんですね。

ということで、まだよく話を掴めていない「夜を歩く士」のストーリーを調べてみました。

キャストは、主演のイ・ジュンギの他に東方神起のチャンミンも出演しています。ヒロインが、「ピノキオ」にも出演していた韓国女優イ・ユビですね。

「夜を歩く士」の「士」は、ソンビと読ませます。

イ・ジュンギは、人間の心を持った美しい吸血鬼役を演じます。

韓国ドラマ「夜を歩く士」のストーリー


韓国ドラマ 夜を歩く士<ソンビ>DVD

朝鮮王朝時代、エリート官史だったソンヨル(イ・ジュンギ)は、婚約者ミョンヒ(キム・ソウン)と親友のチョンヒョン世子(イ・ヒョヌ)を悪の吸血鬼クィ(イ・スヒョク)によって失った過去があった。

ソンヨルも吸血鬼になってクィに復讐する事だけを生きがいに長い年月を生きてきた。

そして、120年後ー。

ソンヨルは、男装の本売り娘・ヤンソン(イ・ユビ)と出会う。彼女に、クィを倒す秘伝書を探すように依頼するのでした。明るくて可愛らしいヤンソンと接するうちに彼女に心惹かれていくソンヨルでしたが、自分が吸血鬼であることが邪魔をして彼女に冷たい態度をとってしまいます。

また、同じくクィを倒そうと機会を伺っていた世孫のユン(チャンミン)もヤンソンに惹かれていきます。ヤンソンはユンの生き別れになった幼馴染のジンにそっくりだった事もあり・・・。(実はジンの正体はヤンソンでした。)

それから、120年前に死んだソンヨルの婚約者ミョンヒにそっくりのヘリョン(キム・ソウンり二役)も現れます。彼女は、クィの手下で意図的にソンヨルに近づいてきます。

ソンヨルとユンは、悪の吸血鬼クィを倒すことができるのか?そして、ヤンソンとのラブロマスはどうなるのか?

といったところが見所になります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「三銃士」のあらすじ

2014年の韓国ドラマ「三銃士」ですが、日本では現在、BSプレミアムで放送されています。毎週日曜日の

記事を読む

韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」のあらすじ

長編の韓国ドラマという事で今回紹介する作品が、韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン(守百香)」(全72話

記事を読む

韓国ドラマ「ホジュン 宮廷医官への道」のあらすじ

韓国ドラマの中で、歴代視聴率4位という記録を持っている大ヒット作品「ホジュン~宮廷医官への道~」(全

記事を読む

韓国ドラマ「花たちの戦い~宮廷残酷史~」のあらすじ

2016年6月14日から放送スタート予定の韓国ドラマ「花たちの戦い~宮廷残酷史~」(BS-TBS)は

記事を読む

韓国ドラマ「魔女宝鑑」のあらすじ

朝鮮時代劇の韓国ドラマ「魔女宝鑑 ~ホジュン、若き日の恋~」(2016)を紹介していきたいと思います

記事を読む

イ・ドンウク主演の韓国ドラマ「天命」

BS朝日放送の韓国ドラマ「天命」は、朝鮮王朝の中宗時代を舞台にした作品です。 主人公は宮廷で医官と

記事を読む

韓国ドラマ「ソドンヨ」

韓国ドラマ「ソドンヨ」は、大ヒット作となった「宮廷女官 チャングムの誓い」の演出家イ・ビョンフンと脚

記事を読む

韓国ドラマ「武人時代」

イケメン韓流スターを思う存分に楽しみたい人におすすめなのが、韓流ドラマの中でも歴史的な超大作といわれ

記事を読む

韓国ドラマ「猟奇的な彼女」のあらすじ

韓国映画の大ヒットで知られる「猟奇的な彼女」ですが、2017年にSBSでドラマ化されました。

記事を読む

韓国ドラマ「大王の道」のあらすじ

昨日のお昼、BS日テレで放送開始された韓国ドラマ「大王の道」(全34話)のあらすじを紹介しておきます

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

韓国ドラマ「操作~隠された真実」はメディア業界の闇を扱った作品

2017年にSBSで放送された韓国ドラマ「操作~隠された真実」は、メデ

韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」のあらすじとキャストについて

BSフジ放送の韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」は、2017年に韓国

韓国俳優コ・ギョンピョのプロフィールと彼女や過去のJYJユチョンへの批判について

韓国ドラマ「最強配達人~夢みるカップル~」(2017)で熱血カリスマ配

韓国ドラマ「最強配達人」のあらすじやキャスト紹介!コ・ギョンピョとチェ・スビン主演

今回は、韓国ドラマ「最強配達人~夢みるカップル~」をピックアップしてみ

韓国俳優ヤン・ドングンの子供は3人!韓国ドラマ「奥様はサイボーグ」同様のパパぶり

BS12トゥエルビで放送している韓国ドラマ「奥様はサイボーグ」(201

→もっと見る

PAGE TOP ↑