*

韓国ドラマ「ヨンパリ」のあらすじ

BS11の土日に放送されている韓国ドラマ「ヨンパリ~君に愛を届けたい~」は、韓国SBSにて2015年に制作されたサスペンス&ラブストーリーの作品です。

「ヨンパリ」の主要キャストは、チュウォン、キム・テヒ、チョ・ヒョンジェ、チェ・ジョンアンです。

ドラマタイトルでもある「ヨンパリ」というのは、夜にヤクザ相手に違法な医療をする闇医者の事。その医者を演じるのが主人公である韓国俳優のチュウォンです。

このドラマの最高視聴率は、21.5%と好調だったようです。それでは、簡単にどんなストーリーなのかをまとめてみましたので参考にどうぞ。

韓国ドラマ「ヨンパリ」のストーリー


ヨンパリ~君に愛を届けたい~ DVD-BOX

テヒョン(チュウォン)は、ハンシン病院で働いている一般外科病棟の研修医だったが、その腕は、天才的であり夜には「ヨンパリ」としてヤクザなど裏社会の人間を相手に医療行為を行っていた。

テヒョンは病気の妹のために高額な医療費をもらえるこのような行為をしていた。

そんなある日、警察に追われたところを同じ病院の12階病棟で働くイ科長に助けられる。イ科長は、テヒョンの天才外科医の腕前を見込み同じ病棟勤務となる。

その病棟は、VIPフロアでその奥にはさらに厳重な警備になっている病室があった。その病室には、財閥令嬢のヨジン(キム・テヒ)がこん睡状態になっていた。

実は、ヨジンは恋人を失い自殺をはかったのだが、異母兄のドジュン(チョ・ヒョンジェ)の陰謀で、3年間もの間、ずっと昏睡状態にされていたのだった。

ヨジンは財閥のハンシングループの後継者であり、財産と経営権を独り占めしようとしたドジュンに狙われていた。

ヨジンはドジュンへの復讐心を抱くようになります。

ヨジンを目覚めさせて助けるテヒョンは、いつしか互いに思いを寄せ合い・・・。そしてドジュンとその妻、チェヨン(チェ・ジョンアン)との関係などスリリングな展開が楽しめる作品です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「私の心は花の雨」のあらすじ

BS朝日にて放送中の韓国ドラマ「私の心は花の雨」は、2016年にKBSで放送された作品です。

記事を読む

韓国ドラマ「パリの恋人」のあらすじ

このドラマから韓国ドラマにハマったという方も多いのではないでしょうか? 究極のラブストーリーで

記事を読む

韓国ドラマ「女を泣かせて」のあらすじ

BS朝日にて放送予定の韓国ドラマ「女を泣かせて」(2015年制作・MBC)は、韓国女優キム・ジョンウ

記事を読む

韓国ドラマ「輝くロマンス」のあらすじ

BS日テレで放送されている韓国ドラマ「輝くロマンス」は、2014年に韓国で放送されたドラマです。日本

記事を読む

韓国ドラマ「青い海の伝説」のあらすじ

BS-TBSで放送予定の韓国ドラマ「青い海の伝説」が面白そうなので、キャストや簡単なあらすじをまとめ

記事を読む

韓国ドラマ「秋の童話」

韓国ドラマ「秋の童話」の主人公はソン・スンホンさん演じるユン・ジュンソとソン・ヘギョさん演じるユン・

記事を読む

韓国ドラマ「ウンヒの涙」のあらすじ

2018年1月1日の元旦からBS日テレで放送されている戦時中、戦時後の家族愛やラブロマンスを描いた作

記事を読む

韓国ドラマ「笑ってトンへ」

韓国ドラマ「笑ってトンへ」は、「君は僕の運命」の脚本家ムン・ウナ、同ドラマの演出家キム・ミョンウクが

記事を読む

韓国ドラマ「ビューティフル・マインド」のあらすじ

2016年に制作されたKBS韓国ドラマを一つ紹介したいと思います。 作品名は、「ビューティフル

記事を読む

no image

人気の韓国ドラマ「会いたい」

韓国ドラマ「会いたい」は歌手JYJとしても大人気のユチョンと、「コーヒープリンス1号店」でのボーイッ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

韓国ドラマ「操作~隠された真実」はメディア業界の闇を扱った作品

2017年にSBSで放送された韓国ドラマ「操作~隠された真実」は、メデ

韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」のあらすじとキャストについて

BSフジ放送の韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」は、2017年に韓国

韓国俳優コ・ギョンピョのプロフィールと彼女や過去のJYJユチョンへの批判について

韓国ドラマ「最強配達人~夢みるカップル~」(2017)で熱血カリスマ配

韓国ドラマ「最強配達人」のあらすじやキャスト紹介!コ・ギョンピョとチェ・スビン主演

今回は、韓国ドラマ「最強配達人~夢みるカップル~」をピックアップしてみ

韓国俳優ヤン・ドングンの子供は3人!韓国ドラマ「奥様はサイボーグ」同様のパパぶり

BS12トゥエルビで放送している韓国ドラマ「奥様はサイボーグ」(201

→もっと見る

PAGE TOP ↑