*

韓国女優 コン・ヒョジンのプロフィール

韓国ドラマ「主君の太陽」で、幽霊が見えるという特異な能力を持ったヒロイン・ゴンシル役を演じました韓国女優コン・ヒョジンを取り上げてみたいと思います。

コン・ヒョジンと言えば、演技派女優として知られ沢山の賞を受賞しています。彼女がヒロインを務めるドラマはヒット作品になりますね。

芸能界デビューは高校時代で清涼飲料水などのCM出演でした。女優としてのデビューは韓国映画「少女たちの遺言」(1999)です。ドラマ作品のデビューは「家門の栄光」(2000)になります。

注目を浴びたのはドラマ「サンドゥ、学校へ行こう!」(2003)のウンファン役ですね。このとき、RAIN(ピ)やイ・ドンゴンと共演しました。

その後も「乾パン先生とこんぺいとう」(2005)「ありがとうございます」(2007)「パスタ~恋が出来るまで~」(2010)「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」(2011)「主君の太陽」(2013)「大丈夫、愛だ」(2014)「プロデューサー」(2015)と作品を重ねていきます。

コン・ヒョジンのプロフィール

生年月日・・・1980年4月4日
身長・・・172cm
体重・・・48Kg
血液型・・・A型
趣味・・・コンピューターゲーム、水泳、テニス

コン・ヒョジンもよい年なので結婚の噂が出ても良さそうですが、熱愛の噂はこのところ出ていませんね。

結構、いろんな熱愛の噂が出ている女優さんですが、そのうち、過去の恋愛報道で交際が本当だったのは2名の韓国俳優さんです。

一人目は、リュ・スンボムです。2012年に破局するまで10年間交際(一時離れたりもあったそうですが)していました。

そして、2014年にイ・ジヌクと交際発覚しましたが4か月で破局しました。イ・ジヌクはチェ・ジウの元カレですね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国女優 シン・セギョンのプロフィール

現在、BS-TBSで放送中の韓国ドラマ「匂いを見る少女」でヒロインを務める新世代の韓国女優シン・セギ

記事を読む

韓国女優 イ・シヨンのプロフィール

韓国ドラマ「一理ある愛」で夫がいながら別の男性に惹かれるヒロインのイルリ役を演じた韓国女優イ・シヨン

記事を読む

韓国女優 イ・ユリのプロフィール

韓国ドラマ「パパはスーパースター」(2015)でヒロインのミレ役を演じていた韓国女優のイ・ユリを取り

記事を読む

韓国女優 キム・ナムジュのプロフィール

BS朝日で放送されている韓国ドラマ「逆転の女王」にハマっています。そのドラマでヒロインを演じている韓

記事を読む

韓国女優 シン・ヘソンのプロフィール!「ドキドキ再婚ロマンス」「青い海の伝説」で注目される

大ヒットした韓国ドラマ「黄金色の私の人生」(2017)で初ヒロインに抜擢された韓国女優シン・ヘソンを

記事を読む

韓国女優 ソ・ヒョリムのプロフィール

韓国ドラマ「野獣の美女コンシム」(2016)で、ヒロインの姉役で才色兼備ぶりを発揮していた韓国女優ソ

記事を読む

韓国女優 ソ・ヒョンジンのプロフィール

韓国ドラマ「三銃士」で愛する相手がいながら世子の元に嫁いで世子濱になるヒロイン・ユンソ役を演じていた

記事を読む

韓国女優 ナム・サンミ

韓ドラ「結婚の女神」(2013)で、タイプの違う二人の男性の間で揺れ動く女性を演じた韓国女優のナム・

記事を読む

韓国女優 パク・ヒボンのプロフィール

韓国ドラマ「風船ガム」にて、主人公のリファンとお見合いして一目惚れする財閥のお嬢様、イスル役を演じて

記事を読む

韓国女優 チェ・ミョンギルのプロフィール

韓国ドラマ「あなたは贈りもの」(2016)で、ヒロインの姑ヨンエ役を演じていた韓国女優のチェ・ミョン

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

韓国女優 ホン・スヒョンのプロフィール!12才年下の彼氏とは結婚ならず破局へ

2018年に韓国MBCで放送された「金持ちの息子」で主要キャストだった

韓国女優 キム・ジュヒョンのプロフィールは?韓国ドラマ「猟奇的な彼女」のヒロイン降板騒動

韓国ドラマ「金持ちの息子」でヒロインのヨンハ役をしていた韓国女優さん、

韓国ドラマ「金持ちの息子」は、キム・ジフンが金髪のチャラ男を演じる作品

平日の午前10時から放送しているBS11の韓国ドラマ「金持ちの息子」(

韓国女優 コ・アラのプロフィールと東方神起・ユノとの熱愛は本当だった?

韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」でヒロインのヨジ役を演じていたコ・アラ。

韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」は英祖の若い頃を描いた作品!主演はチョン・イル

すでに放送中ですが、韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」を紹介していなかった

→もっと見る

PAGE TOP ↑