*

韓国ドラマ「魔女の法廷」でチョン・リョウォンとユン・ヒョンミンが検事役に挑戦!

BS-TBSで放送している韓国ドラマ「魔女の法廷」は、2017年に韓国KBSドラマとして制作されました。

チョン・リョウォンとユン・ヒョンミン主演という作品です。

魔女の法廷

物語は、法廷が舞台で主演の二人は検事さんの役です。

検事が主役の韓国ドラマというと最高視聴率47%以上を記録した「検事プリンセス」を思い出しますね。「魔女の法廷」も女性検事のヒロインが活躍するので何となく「検事プリンセス」とダブります。

視聴率も回を重ねる毎に上昇していき他局の話題作を抜いて同時間帯ではトップに躍り出ました。

そんな「魔女の法廷」ですが、どんなあらすじなのか簡単に紹介したいと思います。

韓国ドラマ「魔女の法廷」のあらすじ


韓国ドラマ「魔女の法廷」より

小さい頃に行方知らずになった母を捜すために検事という職についたイドゥム(チョン・リョウォン)。彼女は、出世のためなら手段を選ばない強引なやり方で捜査をしてきたため敵も多かった。

ある日、イドゥムは上司である部長検事のセクハラを目撃してしまう。そのため検察の部署でも一番格下といわれる「女性・児童被害対策部」に左遷させられる。

そこには、一緒に捜査をすることになる年下の新人検事であるジヌク(ユン・ヒョンミン)がいた。彼は、元精神科医という異色の経歴を持つ人物でイドゥムとは正反対の正義感に溢れた検事だった。

ジヌクは自らこの「女性・児童被害対策部」への配属を希望していたのだ。

一緒に仕事を取り組むうちに何だがいい感じになって・・・。

そして、イドゥムの母失踪の事件も絡んで来てと展開がスピーディーで目が離せなくなります。イドゥムとジヌクが次々と難事件を解決していく姿や二人のラブストーリーの展開など面白さ満点です。

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

関連記事

韓国ドラマ「ピノキオ」のあらすじ

2014年に韓国SBSにて放送されたイ・ジョンソク、パク・シネ主演の韓国ドラマ「ピノキオ」(全20話

記事を読む

韓国ドラマ「あなただけよ」

韓国ドラマ「あなただけよ」は、「セレブの誕生」の脚本を手掛けたチェ・ミンギと、「怪しい三兄弟」の演出

記事を読む

韓国ドラマ「芙蓉閣の女たち」

韓国ドラマの「芙蓉閣の女たち」は、現代の韓国に妓生が存在していたら、というテーマが話題を呼び韓国でも

記事を読む

韓国ドラマ「秋のカノン」のあらすじ

BS日テレで放送の韓国ドラマ「秋のカノン」(全61話)は、2015年に制作されたMBCドラマです。

記事を読む

韓国ドラマ「負けたくない」

2008年に放送され稲垣吾郎と小雪出演で人気を博したTBSドラマ「佐々木夫妻の仁義なき戦い」の韓国版

記事を読む

韓国ドラマ「ドクター異邦人」のあらすじ

2014年に韓国SBSで放送された韓国ドラマ「ドクター異邦人」は、全20話のサスペンス要素も含んだラ

記事を読む

韓国ドラマ「恋せよシングルママ」

シングルママの恋模様を描いた「恋せよシングルママ」は、大人気ドラマ春のワルツにも出演されているイ・ソ

記事を読む

韓国ドラマ「愛の不時着」のあらすじ!ヒョンビンとソン・イェジン主演

話題沸騰中の韓国ドラマ「愛の不時着」ですが、ヒョンビンとソン・イェジンが主演していますね。このドラマ

記事を読む

韓国ドラマ「笑ってトンへ」

韓国ドラマ「笑ってトンへ」は、「君は僕の運命」の脚本家ムン・ウナ、同ドラマの演出家キム・ミョンウクが

記事を読む

韓国ドラマ「冬のソナタ」

日本で一大ブームを巻き起こしたことで知られているのが「冬のソナタ」です。ヨン様、ジウ姫など出演陣に愛

記事を読む

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

韓国ドラマ「ハンムラビ法廷」のあらすじ!エルとAraが判事役で主演

韓国ドラマ「ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?~」(JTBC)は、

韓国女優 ソ・ジヘのプロフィール!地道な女優生活で30代になり開花

話題のドラマ「愛の不時着」でヒョンビン扮するジョンヒョクの婚約者、ソ・

韓国俳優のキム・ジョンヒョン ドラマ「時間」の降板から「愛の不時着」で復帰

韓国俳優のキム・ジョンヒョンは、注目のtvNドラマ「愛の不時着」に出演

韓国女優のソン・イェジン プロフィールとドラマ主演作を紹介!

韓国を代表する名実ともにトップ女優のソン・イェジン。 過去に百想

韓国俳優 ヒョンビンのプロフィール ソン・イェジンと結婚希望!?

主演した韓国ドラマ「愛の不時着」で、ソン・イェジンと息ピッタリな韓国俳

→もっと見る

PAGE TOP ↑