*

韓国ドラマ「悪の花」のあらすじ イ・ジュンギ、ムン・チェウォン主演

イ・ジュンギ主演の2020年制作の韓国ドラマ「悪の花」を取り上げます。

この作品は、サスペンスドラマであり更にはラブストーリー(夫婦愛、家族愛)を織り交ぜた最終話までハラハラドキドキが止まらないドラマとなっています。

主演のイ・ジュンギの他にキャスティングされているのが、ヒロインのムン・チェウォン、そしてチャン・ヒジン、ソ・ヒョヌなどです。

それでは、下記から韓国ドラマ「悪の花」のあらすじをどうぞ。

韓国ドラマ「悪の花」のストーリー

悪の花

金属工芸作家のヒソン(イ・ジュンギ)には、妻と娘がいて慎ましく幸せな家庭を築いていました。妻のジウォン(ムン・チェウォン)は、刑事という職業に就いていて、ある日、ヒソンは妻から知り合いの記者ムジン(ソ・ヒョヌ)を紹介されます。

ムジンは、18年前に起きた連続殺人事件の真相を追っていてその犯人の職業が金属工芸作家だったのでヒソンに興味を持って近付いてきたのです。(はじめは偶然ですが・・・。)

ムジンは、ヒソンをみて幼馴染と瓜二つなのに驚きます。

実は、ヒソンは自分の素性を隠して別人として生きてきてそれが幼馴染に少しずつバレてしまうのです。そして、刑事の妻ジウォンも夫ヒソンが連続殺人犯ではないかと疑い始めます。

ヒソンは本当に犯人なのでしょうか?

そして、夫を信じたい気持ちがある中で彼の過去を追跡していかなければならない刑事の妻。この夫婦にはどんな未来が待っているのでしょうか?

この作品、怖いシーンも多いですが、切ない場面も多く、そして何といってもイ・ジュンギの繊細な演技に注目です!

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

関連記事

韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」のあらすじとキャストについて

BSフジ放送の韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」は、2017年に韓国SBSで放送された作品です。イ

記事を読む

韓国ドラマ「魔女の法廷」でチョン・リョウォンとユン・ヒョンミンが検事役に挑戦!

BS-TBSで放送している韓国ドラマ「魔女の法廷」は、2017年に韓国KBSドラマとして制作されまし

記事を読む

韓国ドラマ「いばらの鳥」

韓国ドラマ「いばらの鳥」は、「止まらない愛」の作家イ・ソニが脚本を手掛け、「バラ色の人生」や「幸せな

記事を読む

韓国ドラマ「主君の太陽」のあらすじ

BS朝日の平日朝に放送されている韓国ドラマ「主君の太陽」(全17話)を紹介しますね。この作品は、主演

記事を読む

韓国ドラマ「ケセラセラ」

2007年にMBCで放送されたドラマ。 全17話で最高視聴率が8.5%。 韓国ドラマ「ケセラ

記事を読む

韓国ドラマ「恋せよシングルママ」

シングルママの恋模様を描いた「恋せよシングルママ」は、大人気ドラマ春のワルツにも出演されているイ・ソ

記事を読む

韓国ドラマ「空港に行く道」のあらすじ

土日、朝8時からの韓国ドラマ「空港に行く道」は、BS11で放送されています。韓国KBSで2016年に

記事を読む

韓国ドラマ「負けたくない」

2008年に放送され稲垣吾郎と小雪出演で人気を博したTBSドラマ「佐々木夫妻の仁義なき戦い」の韓国版

記事を読む

韓国ドラマ「ただ愛する仲」のあらすじ 2PM ジュノとウォン・ジナのラブストーリー

BS朝日にて放送中の韓国ドラマ「ただ愛する仲」(JTBC)は、2017年に全16話の作品として韓国で

記事を読む

韓国ドラマ「ウンヒの涙」のあらすじ

2018年1月1日の元旦からBS日テレで放送されている戦時中、戦時後の家族愛やラブロマンスを描いた作

記事を読む

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

韓国女優 ムン・チェウォンのプロフィール紹介!結婚や彼氏の情報は?

韓国ドラマ「悪の花」にてヒロイン役を演じていた美人女優の ムン・チェウ

韓国ドラマ「悪の花」のあらすじ イ・ジュンギ、ムン・チェウォン主演

イ・ジュンギ主演の2020年制作の韓国ドラマ「悪の花」を取り上げます。

韓国女優 クム・セロクのプロフィールは?彼氏や結婚の噂について

韓国ドラマ「潜入弁護士」に出演した韓国女優のクム・セロクを紹介していき

韓国ドラマ「潜入弁護士」のあらすじ 主演のユン・ギュンサンが初の弁護士役に挑戦

ユン・ギュンサン主演の韓国ドラマ「潜入弁護士」を取り上げます。

韓国女優 シン・イェウンのプロフィールは?彼氏情報や過去のドラマ出演情報

2018年にウェブドラマ「A-TEEN」の主役として女優デビューしたシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑