*

韓国ドラマ「アラン使道伝」はイ・ジュンギとシン・ミナ主演の人気作品

少し古いドラマですが、人気作品となった韓国ドラマ「アラン使道伝」を紹介します。イ・ジュンギシン・ミナの主演コンビの時代劇ドラマです。

韓国ドラマ「アラン使道伝」は、朝鮮で嶺南地方と呼ばれる慶尚南道東部の密陽市に伝わる幽霊伝説をモチーフにしています。2012年に製作された全20話の時代劇であり、平均視聴率14.3%で最高視聴率17.0%を記録しました。

韓国ドラマ「アラン使道伝」のキャストは?

アラン使道伝

アラン使道伝のキャストですが、まずは紙面広告モデルとして2001年にデビューしたイ・ジュンギを主人公キム・ウノ役にキャスティングしました。

ヒロインで幽霊のアラン役と生前のイ・ソリム役に時代劇初主演となったシン・ミナがキャスティングされました。

イ・ソリムの許嫁チェ・ジュワル役には、内省的なボスでサイレントモンスターボスを演じたヨン・ウジン、ウノの下僕ドセル役には奇皇后やチェオクの剣などで武官役を数多く演じてきたクォン・オジュン。

さらに不気味な死神ムヨン役には、秘書や執事などお堅い役柄が多いハン・ジョンスをキャスティング。玉皇上帝役にはメモリストやボクスが帰って来たに出演しているユ・ホンスが扮しました。

韓国ドラマ「アラン使道伝」のあらすじ

アラン使道伝は、前宰相キム大監の庶子で幽霊を見る事ができるキム・ウノ(イ・ジュンギ)が自分の母の消息をたどり、ヒロインのイ・ソリムの幽霊であるアラン(シン・ミナ)と共に母の消息とアランの死の謎に迫るホラーラブストーリーです。

早速のネタバレですが、最終回で自分自身を死に追いやった為に地獄へ行かなければならないアランの代わりにウノが地獄へ行き、アランは天上界へ行くことになります。

ウノは、閻魔大王に現世への転生を願い生まれ変わりアランと再会を果たします。ウノは忘却の井戸水の効果でアランの事を覚えていないもののアランの持ち前の明るさでハッピーエンドを迎えます。

韓国ドラマ「アラン使道伝」の感想

アラン使道伝は、兵役から帰って来たイ・ジュンギの復帰作です。そして、雑誌キキの専属モデルとしてデビューしたシン・ミナの時代劇初主演であることから注目されました。

アラン使道伝は、慶尚南道東部の密陽市に伝わる幽霊伝説をモチーフにしているのでストーリーが面白く、ウノとアランの関係だけではなく、様々な登場人物との複雑に絡み合った相関関係がおもしろいです。

アラン使道伝は、幽霊が見える異能がキーポイントとなるミステリアスなホラーストーリーですが、ウノとアランの噛み合わない考え方や行動がコミカルでおもしろい作品でもありました。

ab

本ページはプロモーションが含まれています。

韓国ドラマを視聴するならコチラ!

関連記事

韓国ドラマ「ファン・ジニ」のあらすじ

私がはじめてハマった韓国ドラマが「ファン・ジニ(黄真伊)」(2006)です。当時、NHKで放送された

記事を読む

韓国ドラマ「鉄の王 キム・スロ」のあらすじ

2010年にMBCで放送されたチソン主演の韓国ドラマ「鉄の王 キム・スロ(金首露)」が、BSフジにて

記事を読む

韓国ドラマ「海神」のあらすじ

BS12で今日からスタートする韓国ドラマ「海神(ヘシン)」(全51話)は、676年から935年にかけ

記事を読む

韓国ドラマ「九家の書」のあらすじ

2015年にBS-TBSでも放送された韓国ドラマ「九家の書~千年に一度の恋~」が、2018年4月2日

記事を読む

韓国ドラマ「大望」

韓国ドラマ「大望」は時代劇に区分されてはいますが、かなり現代に近い18世紀の韓国を描いた物語です。

記事を読む

ab

本ページはプロモーションが含まれています。

韓国ドラマを視聴するならコチラ!

ab

本ページはプロモーションが含まれています。

韓国ドラマを視聴するならコチラ!

ナム・ユンスはモデル出身の韓国俳優!2020年は飛躍の年で彼女や熱愛報道はなし?

韓国ドラマ「今日のウェブトゥーン」に主演していたナム・ユンス。高身長で

韓国ドラマ「今日のウェブトゥーン」は日本の漫画が原作!キム・セジョン主演

日本の漫画が原作になっている韓国ドラマがあります。例えば「花より男子」

チョン・ジェヨン 売れない時代は妻に支えられた映画界のトップ俳優

韓国ドラマ「ジャスティスー検法男女ー」に主演した韓国俳優のチョン・ジェ

韓国ドラマ「ジャスティスー検法男女ー」あらすじ シーズン1が好評でシーズン2へ

年齢差のある二人、ベテラン俳優のチョン・ジェヨンと女優のチョン・ユミが

韓国女優のコ・ソンヒ 韓国ドラマ「風と雲と雨」で注目される!2022年に結婚

韓国ドラマ「ガウス電子」でキャリアウーマンのヒロイン、チャ・ナレ役を演

→もっと見る

PAGE TOP ↑