*

韓国ドラマ「ピノキオ」のあらすじ

2014年に韓国SBSにて放送されたイ・ジョンソク、パク・シネ主演の韓国ドラマ「ピノキオ」(全20話)がBS-TBSにて再放送されるようです。

まだ観たことがない作品だったのでどんなストーリーなのかを調べてみました。中々、面白そうな内容でしたよー♪

新聞記者として生きるふたりの男女のラブストーリーですが、ヒロインが嘘をつくとしゃっくりが出るという「ピノキオ症候群」を患っていますが、嘘をつけない彼女の愛らしさがとても光っていますね。

韓国ドラマ「ピノキオ」のストーリー


韓国ドラマ「ピノキオ」 DVD-BOX

幼いハミョン少年は、偏向報道によって家族を失った。心中しようとする母と共に海に飛び込んだところをゴンピルという老人に助けられる。そして、一人生き残ったハミョン少年は、ゴンピルの亡くなった息子ダルポとして生きることになる。

ダルポ(イ・ジョンソク)とゴンピルの住む家に、ゴンピルの孫娘であるイナ(パク・シネ)がやってきます。ふたりは同い年で仲良くなりますが、ある日、ダルポの家族を崩壊させた偏向報道をした記者がイナの母親だということがわかってしまい二人の間はぎくしゃくしてしまいます。

イナは、母親のような優秀な記者になりたいために自分も記者の道を目指します。一方、イナのことが気になるダルポも記者の道に・・・。

イナは、嘘をつくとしゃっくりが止まらなくなるという精神疾患を抱えていて、就職活動がうまくいかない。また折角、記者になっても嘘がつけないので様々な困難に直面するが・・・。

韓国ドラマ「ピノキオ」は、新米記者の挫折と成功、そして恋愛を軸にしたドラマです。

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

関連記事

韓国ドラマ「ケセラセラ」

2007年にMBCで放送されたドラマ。 全17話で最高視聴率が8.5%。 韓国ドラマ「ケセラ

記事を読む

韓国ドラマ「ドキドキマイラブ」

韓国ドラマ「ドキドキマイラブ」の主人公はシングルマザーのミンジュです。テレビ局のプロデューサーでもあ

記事を読む

韓国ドラマ「マイ・ディア・ミスター」のあらすじ!イ・ソンギュンとアイユー主演

韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」や「ミス・コリア」で知られる韓国俳優のイ・ソンギュンが主役のドラ

記事を読む

韓国ドラマ「ビューティフル・マインド」のあらすじ

2016年に制作されたKBS韓国ドラマを一つ紹介したいと思います。 作品名は、「ビューティフル

記事を読む

韓国ドラマ「愛人がいます」のあらすじ

キム・ヒョンジュとチ・ジニ主演の韓国ドラマ「愛人がいます」(全50話)が、来週からBSジャパンで放送

記事を読む

韓国ドラマ「いばらの鳥」

韓国ドラマ「いばらの鳥」は、「止まらない愛」の作家イ・ソニが脚本を手掛け、「バラ色の人生」や「幸せな

記事を読む

韓国ドラマ「冬のソナタ」

日本で一大ブームを巻き起こしたことで知られているのが「冬のソナタ」です。ヨン様、ジウ姫など出演陣に愛

記事を読む

韓国ドラマ「秋のカノン」のあらすじ

BS日テレで放送の韓国ドラマ「秋のカノン」(全61話)は、2015年に制作されたMBCドラマです。

記事を読む

韓国ドラマ「夏の香り」

韓国ドラマ「夏の香り」は夏の山で運命的に出会った2人がつむぐラブストーリーです。 主人公はソン・イ

記事を読む

韓国ドラマ「ひと夏の奇跡」のあらすじ

BS日テレで間もなく放送予定の韓国ドラマ「ひと夏の奇跡」が面白そうなのであらすじやキャストについて調

記事を読む

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

韓国俳優のパク・ヒョンシク 兵役を除隊して2021年は本格的に芸能活動を再開します

今回は、韓国俳優のパク・ヒョンシクのプロフィール、出演したドラマ作品、

花郎(ファラン)のあらすじとキャスト紹介!BTSのVも出演している新羅時代の物語

日曜日のNHK BSプレミアムで放送中の韓国ドラマ「花郎(ファラン)」

韓国女優 オ・ジウンのドラマ出演作品は?「吹けよ、ミプン」の途中降板は怪我が原因

韓国ドラマ「黄金の庭」に出演していた韓国女優のオ・ジウンを取り上げます

韓国ドラマ「黄金の庭」イ・サンウとハン・ジへ主演!名前と財産を継母に奪われたヒロイン

2019年に韓国で放送されたドラマ「黄金の庭~奪われた運命~」は、イ・

韓国俳優 ソ・ジフンのドラマ出演作品を紹介!デビュー作「シグナル」からBTSドラマ「YOUTH」まで

韓国ドラマ「コッパダン~恋する仲人~」に出演していたソ・ジフンを取り上

→もっと見る

PAGE TOP ↑