*

韓国ドラマ「トンイ」

公開日: : 最終更新日:2016/02/20 王朝歴史ロマン , ,

韓国ドラマ「トンイ」は、「チャングムの誓い」や「イ・サン」の製作を行った監督、イ・ビョンフンが監督を務めています。ですから、「チャングムの誓い」や「イ・サン」を見た方は、このドラマも楽しめると思います。

時代は、朝鮮第19代の王、スクチョンが治める時代です。賤民(せんみん)という朝鮮の身分の中では、最も引く身分の出身であるトンイが、様々な過酷な出来事に遭遇しながらも、自分の信念を貫きつつ強く生きていく様子が描かれています。

父親は、賤民で作られたコムゲという秘密組織の親方で、誰からも慕われ尊敬されていた人でした。宮廷のソイン派とナミン派の権力争いに巻き込まれ、濡れ衣を着せられてトンイの父親と兄は殺されます。自分の命を守り、父親の汚名を晴らすためにチャンアゴンの下働きとして宮廷に入ります。元々才気ある人物だったトンイは、持ち前の明るさとテキパキとした仕事ぶりを示し、回りから好かれる人物へと成長を遂げていきます。そんな、明るさを持つトンイと偶然に宮廷の外で出あったスクチョンは、トンイに魅かれていき、側室へと導いていきます。その事を快く思わないオクチョンと、ナミン派の人たちからの様々な陰謀が仕掛けられます。

正義を愛するトンイが、回りの協力を得ながら勝利を得ていく姿は、権力よりももっと大切なものがあることを教えるドラマでもあります。

韓国ドラマ「トンイ」DVD-BOX

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

関連記事

韓国ドラマ「根の深い木」

韓国ドラマ「根の深い木」は、ハングル誕生を描いた全24話からなる韓国時代劇。韓国での視聴率は最高が2

記事を読む

韓国ドラマ「王は愛する」のあらすじ!イム・シワンが高麗時代の世子役

明日からBS朝日、月曜日~金曜日の8時30分からスタートする韓国ドラマ「王は愛する」(MBC/201

記事を読む

韓国ドラマ「信義」

韓国ドラマ「信義」は、2012年、韓国で放送されたドラマ。時空をこえた愛を描いた作品です。「シンイ」

記事を読む

韓国ドラマ「武人時代」

イケメン韓流スターを思う存分に楽しみたい人におすすめなのが、韓流ドラマの中でも歴史的な超大作といわれ

記事を読む

韓国ドラマ「100日の郎君様」のあらすじとキャストは?ド・ギョンス、ナム・ジヒョン主演

BSプレミアムの日曜日夜は、「不滅の恋人」と「100日の郎君様」を放送しているのですが、どちらも朝鮮

記事を読む

韓国ドラマ「ホン・グギョン(洪国栄)」のあらすじ

来年の2017年早々にスタートする韓国ドラマの中で、観たいなぁと思っている作品が「ホン・グギョン(洪

記事を読む

韓国ドラマ「花たちの戦い~宮廷残酷史~」のあらすじ

2016年6月14日から放送スタート予定の韓国ドラマ「花たちの戦い~宮廷残酷史~」(BS-TBS)は

記事を読む

韓国ドラマ「不滅の恋人」のあらすじとキャスト!インス大妃との比較

今日からNHK夜23時にスタートする韓国ドラマ「不滅の恋人」ですが、全20回と短いですが楽しみにして

記事を読む

韓国ドラマ「奇皇后」のあらすじ

実在した女性・奇皇后の人生を韓国女優 ハ・ジウォンが力強く演じた作品が韓国ドラマ「奇皇后」です。

記事を読む

花郎(ファラン)のあらすじとキャスト紹介!BTSのVも出演している新羅時代の物語

日曜日のNHK BSプレミアムで放送中の韓国ドラマ「花郎(ファラン)」を取り上げます。 日曜日

記事を読む

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

韓国俳優のパク・ヒョンシク 兵役を除隊して2021年は本格的に芸能活動を再開します

今回は、韓国俳優のパク・ヒョンシクのプロフィール、出演したドラマ作品、

花郎(ファラン)のあらすじとキャスト紹介!BTSのVも出演している新羅時代の物語

日曜日のNHK BSプレミアムで放送中の韓国ドラマ「花郎(ファラン)」

韓国女優 オ・ジウンのドラマ出演作品は?「吹けよ、ミプン」の途中降板は怪我が原因

韓国ドラマ「黄金の庭」に出演していた韓国女優のオ・ジウンを取り上げます

韓国ドラマ「黄金の庭」イ・サンウとハン・ジへ主演!名前と財産を継母に奪われたヒロイン

2019年に韓国で放送されたドラマ「黄金の庭~奪われた運命~」は、イ・

韓国俳優 ソ・ジフンのドラマ出演作品を紹介!デビュー作「シグナル」からBTSドラマ「YOUTH」まで

韓国ドラマ「コッパダン~恋する仲人~」に出演していたソ・ジフンを取り上

→もっと見る

PAGE TOP ↑