*

韓国ドラマ「野獣の美女コンシム」のあらすじ

BSジャパンの平日PМ3時台に放送している韓国ドラマ「野獣の美女コンシム」(全24話)は、2016年に制作されたラブコメディ作品です。

主要キャストがナムグン・ミン、Girl’s Dayのミナ、ソ・ヒョリム、オン・ジュワンなどになっています。

出来過ぎる姉にいつも劣等感を持っているけど心が綺麗なヒロインとそんな彼女に惹かれるイケメン弁護士と財閥の御曹司たちの恋愛を描いた作品です。

韓国ドラマ「野獣の美女コンシム」のストーリー


野獣の美女コンシム DVD-BOX

コン・シム(ミナ)は、姉のコン・ミ(ソ・ヒョリム)に劣等感を抱いてきた。姉は、両親のいいとこどりで美人で頭が良く、妹はいつも比べられて生きてきた。そのため、円形脱毛症になりかつらをかぶる程ストレスがあった。

しかし、コン・シムは決して姉を妬んだり両親を恨んだりしない心の綺麗な子。明るく健気に頑張っている。

そんなコン・シムの前にあらわれたのが、イケメン弁護士のアン・ダンテ(ナムグン・ミン)です。彼は、お金よりも弱き者を助ける人権派の弁護士で明るく正義感が強い。

そんなコン・シムとアン・ダンテは、はじめは最悪な出会いから反発し合っていたが互いに気になる存在になります。

一方、財閥のイケメン御曹司であるソク・ジュンス(オン・ジュワン)もコン・シムとかかわるうちに彼女の魅力に惹かれていきます。しかし、姉のコン・ミもジュンスに惹かれていて・・・。

姉妹とふたりのイケメンたちの4角関係はどうなるのか?

また、アン・ダンテとソク・ジュンスには本人たちも知らないある秘密があって・・・。

面白いと評判の「野獣の美女コンシム」は見逃せないドラマ作品です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「油っこいロマンス」は中国料理店で働く2PMのジュノ主演作品

2PMのイ・ジュノ主演の韓国ドラマ「油っこいロマンス」(2018・SBS)が、平日のBS11で放送中

記事を読む

韓国ドラマ「逆転の女王」のあらすじ

以前、BSフジでも放送されていた韓国ドラマ 逆転の女王ですが、とっても面白いラブコメディー作品です。

記事を読む

韓国ドラマ「ゴハン行こうよ」のあらすじ

以前、BS朝日で放送していた韓国ドラマ「ゴハン行こうよ」(全16話)は、2013年の作品です。キャス

記事を読む

韓国ドラマ「嫉妬の化身」のあらすじ

BS-TBSにて1月より放送されている韓国ドラマ「嫉妬の化身」(2016)は、2016年の韓国SBS

記事を読む

韓国ドラマ「運命のように君を愛してる」はヒロインのチャン・ナラがひたすら可愛い!

2019年1月スタートの韓国ドラマの中で注目しているのが、「運命のように君を愛してる」です。韓国では

記事を読む

韓国ドラマ「ビッグ」

韓国ドラマ「ビッグ」は、「美男(イケメン)ですね」や「僕の彼女は九尾狐(クミホ)」、「最高の愛~恋は

記事を読む

韓国ドラマ「マンホール~不思議な国のピル」JYJ ジェジュンの除隊後の初主演ドラマ

JYJのジェジュンが兵役除隊後の初主演ドラマとして話題を集めた韓国ドラマ「マンホール~不思議な国のピ

記事を読む

韓国ドラマ「シークレットガーデン」

韓国ドラマ「シークレットガーデン」のあらすじです。 2010-2011年に放送された韓国ドラマ

記事を読む

韓国ドラマ「ロボットじゃない」はユ・スンホとチェ・スビンのラブコメディ作品

韓国ドラマ「ロボットじゃない」が、BSフジで再放送されます。 ユ・スンホ主演のラブコメディ作品

記事を読む

韓国ドラマ「ドキドキ再婚ロマンス」のあらすじ

2016年に放送された韓国ドラマの中で平均視聴率トップを記録した韓国ドラマ「ドキドキ再婚ロマンス~子

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

韓国ドラマ「100日の郎君様」のあらすじとキャストは?ド・ギョンス、ナム・ジヒョン主演

BSプレミアムの日曜日夜は、「不滅の恋人」と「100日の郎君様」を放送

韓国ドラマ「明日も晴れ」のあらすじ 主演はソル・イナとチン・ジュヒョン

2019年6月スタートのBS11で放送中の韓国ドラマ「明日も晴れ」(全

韓国ドラマ「油っこいロマンス」は中国料理店で働く2PMのジュノ主演作品

2PMのイ・ジュノ主演の韓国ドラマ「油っこいロマンス」(2018・SB

韓国ドラマ「不滅の恋人」のあらすじとキャスト!インス大妃との比較

今日からNHK夜23時にスタートする韓国ドラマ「不滅の恋人」ですが、全

韓国女優 キム・ソヒョンのプロフィールや過去の出演ドラマ「太陽を抱く月」

韓国ドラマ「ラジオロマンス」(2018)で、ラジオ放送作家のヒロイン役

→もっと見る

PAGE TOP ↑