*

韓国ドラマ「ファン・ジニ」のあらすじ

私がはじめてハマった韓国ドラマが「ファン・ジニ(黄真伊)」(2006)です。当時、NHKで放送されたのを観ました。

韓国女優ハ・ジウォンがヒロインでタイトルロールのファン・ジニを演じます。その他、若かりし頃(今でも若いですが・・・)チャン・グンソクを出演していましたね。チャン・グンソクが注目されはじめた最初の作品でもあります。

ファン・ジニは実在した朝鮮随一の妓生(キーセン)として名高い女性です。この作品は、ファン・ジニの妓生として才能を開花するまでの姿と彼女を取り巻く男性たちとの愛や別れなどを織り交ぜて描かれています。

「ファンジニ」は内容も面白いですが、妓生の華やかで煌びやかな衣装を観るのも楽しみの一つでした。

韓国ドラマ「ファンジニ」のあらすじ


ファン・ジニ 完全版 DVD-BOX

朝鮮王朝、中宗の時世。

チニ(=ファンジニ、ハ・ジウォン)は、父親が両班で母親が妓生だったため、庶子の生まれだった。母親は娘のチニを自分と同じ妓生にすることが嫌だったため幼い頃に寺に預けていた。妓生の娘は、母と同じ妓生にならなくてはいけなかった。

しかし、チニは、その美貌と舞踊の才能をペンム(キム・ヨンエ)に見出される。ペンムは舞の名手でありチニに「鶴の舞」を完璧に伝授するために師匠となる。

チニはやがて両班の子息ウノ(チャン・グンソク)と恋に落ちるが、彼は亡くなってしまう。失意のチニの前に現れるのが、キム・ジョンハン(キム・ジェウォン)で、礼曹判書という高い役職にいたが、チニの魅力にはまり一緒に逃避行をすることになるが、彼とも別れてしまうことになる。

妓生としてのライバル、プヨン(ワン・ビンナ)やチニに執着するピョクケス(リュ・テジュン)など個性的な登場人物もたくさん出てきます。

チニことファンジニの波乱に満ちた生涯を描いた歴史大河ドラマであります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「大望」

韓国ドラマ「大望」は時代劇に区分されてはいますが、かなり現代に近い18世紀の韓国を描いた物語です。

記事を読む

韓国ドラマ「鉄の王 キム・スロ」のあらすじ

2010年にMBCで放送されたチソン主演の韓国ドラマ「鉄の王 キム・スロ(金首露)」が、BSフジにて

記事を読む

韓国ドラマ「海神」のあらすじ

BS12で今日からスタートする韓国ドラマ「海神(ヘシン)」(全51話)は、676年から935年にかけ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑