*

イ・ドンウク主演の韓国ドラマ「天命」

公開日: : 最終更新日:2016/02/20 王朝歴史ロマン , , ,

BS朝日放送の韓国ドラマ「天命」は、朝鮮王朝の中宗時代を舞台にした作品です。
主人公は宮廷で医官として働くチェ・ウォン(イ・ドンウク)です。
韓国俳優イ・ドンウクにとって初の時代劇だそうです。

物語は、全部で20話と少ないですのであっと言う間に見終ってしまいますね。


天命 DVD BOX

簡単なあらすじを紹介しておきます。

チェ・ウォン(イ・ドンウク)は医官として素晴らしい技術を持っているのですが、
出世を望まずサボってばかりいる、いわゆる「能ある鷹は爪を隠す」タイプの人間でした。
彼には体の弱い幼い一人娘がいて、男手一つで今まで育ててきました。

その娘のために治療の書物を手にいれるがために禁書庫に忍び込んだ。
その場所で、医女のダイン(ホン・ダイン)と鉢合わせになる。
二人は禁書庫の中に閉じ込められたが、うまく脱出に成功。

しかし、翌日、禁書庫である男の遺体が発見される。
その男は、世子のイ・ホ(イム・スロン)の主治医であり、世子暗殺を企む文定王后とソユン派が差し向けた刺客であった。
ウォンは殺害の濡れ衣を着せられて逃亡を図るが、ダインの助けもあり無実を証明するため奮闘するというストーリーです。

朝鮮王朝時代のサスペンスドラマ的要素があり2013年に韓国で放送された作品です。
ウォンの一人娘ラン役の子役ちゃんも可愛いですね。

JYJのジュンスが「愚かな想い」という曲でサウンドトラックに参加しています。

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

関連記事

韓国ドラマ「華政(ファジョン)」のあらすじ

BSフジで放送されている韓国ドラマ「華政(ファジョン)」(全65話)を取り上げてみたいと思います。

記事を読む

韓国ドラマ「根の深い木」

韓国ドラマ「根の深い木」は、ハングル誕生を描いた全24話からなる韓国時代劇。韓国での視聴率は最高が2

記事を読む

韓国ドラマ「100日の郎君様」のあらすじとキャストは?ド・ギョンス、ナム・ジヒョン主演

BSプレミアムの日曜日夜は、「不滅の恋人」と「100日の郎君様」を放送しているのですが、どちらも朝鮮

記事を読む

花郎(ファラン)のあらすじとキャスト紹介!BTSのVも出演している新羅時代の物語

日曜日のNHK BSプレミアムで放送中の韓国ドラマ「花郎(ファラン)」を取り上げます。 日曜日

記事を読む

韓国ドラマ「王になった男」のあらすじ!ヨ・ジングが王と道化師の一人二役

BSテレ東で放送しているヨ・ジング主演の韓国ドラマ「王になった男」(全24話)を紹介していきます。

記事を読む

韓国ドラマ「花たちの戦い~宮廷残酷史~」のあらすじ

2016年6月14日から放送スタート予定の韓国ドラマ「花たちの戦い~宮廷残酷史~」(BS-TBS)は

記事を読む

韓国ドラマ「ホン・グギョン(洪国栄)」のあらすじ

来年の2017年早々にスタートする韓国ドラマの中で、観たいなぁと思っている作品が「ホン・グギョン(洪

記事を読む

韓国ドラマ「魔女宝鑑」のあらすじ

朝鮮時代劇の韓国ドラマ「魔女宝鑑 ~ホジュン、若き日の恋~」(2016)を紹介していきたいと思います

記事を読む

韓国ドラマ「太陽を抱く月」

韓国で100万部を超えるベストセラーとして大人気だった小説を、ファンの期待に応えるためにドラマ化され

記事を読む

韓国ドラマ「王の顔」のあらすじ

2014年にKBSで放送された韓国ドラマ「王の顔」(全23話)がBSジャパンで放送されています。主要

記事を読む

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

韓国俳優 チェ・ウシクのプロフィール!映画「パラサイト 半地下の家族」でブレーク

韓国ドラマ「恋するパッケージツアー」(2017)出演の俳優 チェ・ウシ

韓国ドラマ「恋するパッケージツアー」のあらすじ!ツアーガイドのラブコメディ

今回、紹介する作品は韓国ドラマ「恋するパッケージツアー」(JTBC)で

韓国女優 キム・イェウォンのプロフィールは?出演ドラマと結婚の噂

2017年の韓国ドラマ「明日、キミと」(tvN)に出演していたキム・イ

韓国ドラマ「明日、キミと」のあらすじ!キャストは主演にイ・ジェフンとシン・ミナ

BS朝日、今日の朝8時半からスタートした韓国ドラマ「明日、キミと」(2

韓国女優 イ・ソンビンは結婚秒読み?イ・グァンスとの交際順調

韓国ドラマ「偉大なショー」(2019)にてソン・スンホンの相手役に抜擢

→もっと見る

PAGE TOP ↑