*

韓国俳優 キム・ガンウのプロフィール

韓国ドラマ「ゴールデンクロス」(2014)の主演男優キム・ガンウについて紹介していきたいと思います。

キム・ガンウは、2001年に単発系の韓国ドラマで俳優デビューしました。「あなたは愛と言う 私は欲望だと思う」という作品の小さな役でした。

その後、2003年に韓国ドラマ「僕は走る」で主演しましたが、SHINHWA(シンファ)のエリックの初ドラマ作品であった為に話題はそちらに・・・。

しかし、2007年の韓国映画「食客」が大ヒット作品となり、主演男優として又、その高い演技力で知名度が大幅アップしました。

キム・ガンウはどちらかと言うと、ドラマよりも映画で名声をあげた俳優さんです。毎年、コンスタントに映画に出演しているようです。

勿論、ドラマへも「三つ葉のクローバー」(2005)「飛天舞」(2008)「ザ・スリングショット~男の物語」(2009)「海雲台の恋人たち」(2012)「失踪ノワールM」(2015)「グッバイ ミスターブラック」(2016)などあります。

キム・ガンウのプロフィール

生年月日・・・1978年7月11日
身長・・・180cm
体重・・・70Kg
血液型・・・O型
趣味・・・映画鑑賞

キム・ガンウは、2010年6月に7年の交際を実らせて結婚しました。現在、夫婦の間には二人の男の子がいるようです。

妻は、韓国女優ハン・ヘジン(「がんばれ!クムスン」や「朱蒙」のヒロイン役で有名)の実のお姉さんです。キム・ガンウの奥さんも妹に負けず劣らずの美人だとの事です。

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

関連記事

韓国俳優 キム・ソンスのプロフィール

韓国ドラマ「わが愛しの蝶々夫人」(2012)で、ヒロインの夫役を演じていた韓国俳優のキム・ソンスを取

記事を読む

韓国俳優 パク・ヨンウのプロフィール

BS12 トゥエルビで放送中の韓国ドラマ「わが愛しの蝶々夫人」(2012)に出演していたパク・ヨンウ

記事を読む

韓国俳優 パク・ユンジェのプロフィール

韓国ドラマ「輝くロマンス」で、ヒロインを一途に思い続ける役を好演した韓国俳優パク・ユンジェについて紹

記事を読む

韓国俳優クァク・シヤンのプロフィール!主演映画「目撃者」が大ヒット

韓国ドラマ「ウェルカム2ライフ」に出演していた注目の韓国俳優 クァク・シヤンについてプロフィールや出

記事を読む

韓国俳優 キム・サンギョンのプロフィール

来年1月からBS日テレで放送予定の韓国ドラマ「ホン・グギョン(洪国栄)」で、主人公のホン・グギョン役

記事を読む

韓国俳優 ヨ・ジングのプロフィール

韓国ドラマ「ひと夏の奇跡」(2017)に主演していた韓国俳優のヨ・ジング。 天才子役として有名

記事を読む

韓国俳優のイ・ジュンムン 韓国ドラマ「清潭洞スキャンダル」で主演

MBCドラマ「秘密と嘘」(2018)に出演していたイ・ジュンムンを取り上げます。 イ・ジュンム

記事を読む

韓国俳優のキム・ヨンミン 話題作「愛の不時着」「夫婦の世界」などにも出演

tvNドラマ「マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~」に出演していたキム・ヨンミン。 ドラマ

記事を読む

韓国俳優 イ・ミンホのプロフィール

BS-TBSで放送される韓国ドラマ「青い海の伝説」(2016-2017)に主演している韓国俳優のイ・

記事を読む

韓国俳優 シム・ヒョンタクのプロフィール

韓国ドラマ「ゴハン行こうよ」(2013)でヒロインを好きなのに過去に振られた腹いせでいじわるをしてし

記事を読む

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

ab

韓国ドラマを無料視聴するならコチラ!

韓流観るなら<U-NEXT>

花郎(ファラン)のあらすじとキャスト紹介!BTSのVも出演している新羅時代の物語

日曜日のNHK BSプレミアムで放送中の韓国ドラマ「花郎(ファラン)」

韓国女優 オ・ジウンのドラマ出演作品は?「吹けよ、ミプン」の途中降板は怪我が原因

韓国ドラマ「黄金の庭」に出演していた韓国女優のオ・ジウンを取り上げます

韓国ドラマ「黄金の庭」イ・サンウとハン・ジへ主演!名前と財産を継母に奪われたヒロイン

2019年に韓国で放送されたドラマ「黄金の庭~奪われた運命~」は、イ・

韓国俳優 ソ・ジフンのドラマ出演作品を紹介!デビュー作「シグナル」からBTSドラマ「YOUTH」まで

韓国ドラマ「コッパダン~恋する仲人~」に出演していたソ・ジフンを取り上

キム・ミンジェはアイドル練習生から俳優に転身して成功した韓国俳優

韓国ドラマ「コッパダン~恋する仲人~」(2019)で主人公のマ・フン役

→もっと見る

PAGE TOP ↑