*

韓国ドラマ「大王の道」のあらすじ

昨日のお昼、BS日テレで放送開始された韓国ドラマ「大王の道」(全34話)のあらすじを紹介しておきますね。

この作品は、朝鮮王朝22代王の正祖大王(イ・サン)の父である思悼世子にスポットを当てています。イ・サンでも思悼世子の悲劇的な死について描かれていましたが、なぜ、思悼世子は英祖に疎まれたのかや悲劇的な死を迎えなくてはいけなかったのかが詳しく描かれています。

「大王の道」のキャストは、思悼世子にイム・ホ、恵嬪ホン氏(思悼世子の妻、イ・サンの母)にホン・リナ、英祖にパク・クニョン、淑媛ムン氏(英祖の側室、後に廃され賜死)にユンソナです。

英祖の母である淑嬪チェ氏(トンイ)の他、イ・サンでもおなじみだった人物も登場していますね。

とても古い作品ですが、朝鮮王朝の歴史好きの方にはおすすめだと思います。

韓国ドラマ「大王の道」のストーリー


韓国ドラマ 大王の道 DVD-BOX

李氏朝鮮、英祖の治世。思悼世子は、父である英祖に疎まれるが、その確執をより深くしたのが、英祖の寵愛深い側室の淑媛ムン氏の野望と老論派と少論派による権力争いだった。

そんな中でも妻の世子妃・恵嬪ホン氏が寄り添い支えてくれるのだが、次々と襲う試練や心の葛藤に思悼世子はやがて精神を病んでいく。

英祖と思悼世子の関係は修復しないまま最悪の結末(米びつ事件)になってしまう。

余談ですが、イ・サンは英祖が亡くなって自分が即位した後すぐに、淑媛ムン氏の身分を廃して賜死させています。父を死に追いやった悪女、淑媛ムン氏への怒りは相当だったようですね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「秘密の扉」のあらすじ

2014年のSBSドラマ「秘密の扉」が、平日のPМ3時台にBSフジで再放送されています。 タイ

記事を読む

韓国ドラマ「イ・サン」

2008年に韓国で放映されると、多くの視聴者をテレビの前にくぎ付けにした韓国歴史ドラマとして人気の「

記事を読む

韓国ドラマ「大王世宗」

2008年に韓国で放送された「大王世宗(テワンセジョン)」。韓国版大河ドラマともいうべき、トータルで

記事を読む

韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」のあらすじ

長編の韓国ドラマという事で今回紹介する作品が、韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン(守百香)」(全72話

記事を読む

韓国ドラマ「イニョプの道」のあらすじ

BSプレミアムで本日4月3日から放送される韓国ドラマ「イニョプの道」ですが、その前に直前スペシャル放

記事を読む

イ・ドンウク主演の韓国ドラマ「天命」

BS朝日放送の韓国ドラマ「天命」は、朝鮮王朝の中宗時代を舞台にした作品です。 主人公は宮廷で医官と

記事を読む

韓国ドラマ「馬医」

韓国ドラマ「馬医」は2012年から2013年にかけて全50話編成で放映された時代劇です。「馬医」とい

記事を読む

韓国ドラマ「三銃士」のあらすじ

2014年の韓国ドラマ「三銃士」ですが、日本では現在、BSプレミアムで放送されています。毎週日曜日の

記事を読む

韓国ドラマ「夜を歩く士」のあらすじ

BS-TBSで放送中の韓国ドラマ「夜を歩く士」(2015)ですが、この間、1話だけ途中で観て面白いな

記事を読む

韓国ドラマ「推奴」のあらすじ

推奴(チュノ)は、有名な韓国ドラマですが、今更ながらどんなストーリーなのか紹介していきたいと思います

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑