*

韓国ドラマ「猟奇的な彼女」のあらすじ

韓国映画の大ヒットで知られる「猟奇的な彼女」ですが、2017年にSBSでドラマ化されました。

ドラマ版の「猟奇的な彼女」のキャストは、主人公のキョヌ役に人気俳優のチュウォンが扮します。ヒロインのヘミョン王女役が、オ・ヨンソ。そして、ヒロインを見守るカン・ジュニョン役にCNBLUEのイ・ジョンシンがキャスティングされました。

見た目とは裏腹な狂暴でお転婆王女だけどどこが憎めない魅力あふれるヘミョンと頭が良く要領がいいイケメン御曹司のキョヌは出会い方が最悪でしたが徐々に惹かれ合います。

そしてヘミョンに惹かれるもう一人が、朝鮮一の剣術使いで監察府のカリスマ従事官カン・ジュニョンです。

又、キョヌに想いを寄せる最高権力者の娘ダヨンもいます。

ヘミョン王女、キョヌ、ジュニョン、ダヨンの三角関係が見所のラブコメになっています。

韓国ドラマ「猟奇的な彼女」のストーリー


韓国ドラマ 猟奇的な彼女 DVD-BOX

清に留学していた漢城長官の息子、キョヌ(チュウォン)は、秀才として名高く将来を期待された人物。

そのキョヌが、朝鮮に帰国してので祝いの宴が開かれていた。

その宴の帰り道にひどく酔っ払った女が橋から落ちそうになっているところを助ける。

あまりにも酔っ払っていたため放置出来ずに連れ帰ったらその女に変態だと勘違いされてしまう。

最悪な出会い方をした二人。

絶対にこの女とはもう二度と会いたくないと思ったキョヌだったが、ひょんな場所で再会してしまう。

王室で世子の先生となったキョヌだったが、自分の前にあらわれたのはあの女だった。

彼女は、世子の姉で王室きってのトラブルメーカーであるヘミョン王女(オ・ヨンソ)だった。

キョヌは、ヘミョン王女と接していくうちに彼女の本当の姿を知ることになり惹かれていきますが・・・。

キョヌとジュニョンは、ヘミョン王女の関係も見所です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ「三銃士」のあらすじ

2014年の韓国ドラマ「三銃士」ですが、日本では現在、BSプレミアムで放送されています。毎週日曜日の

記事を読む

韓国ドラマ「ホン・グギョン(洪国栄)」のあらすじ

来年の2017年早々にスタートする韓国ドラマの中で、観たいなぁと思っている作品が「ホン・グギョン(洪

記事を読む

韓国ドラマ「武神」

「武神」は高麗時代の男たちを鮮やかに描いた韓国ドラマです。 主役となるのはキム・ジュヒョクさんが演

記事を読む

韓国ドラマ「秘密の扉」のあらすじ

2014年のSBSドラマ「秘密の扉」が、平日のPМ3時台にBSフジで再放送されています。 タイ

記事を読む

韓国ドラマ「イ・サン」

2008年に韓国で放映されると、多くの視聴者をテレビの前にくぎ付けにした韓国歴史ドラマとして人気の「

記事を読む

韓国ドラマ「根の深い木」

韓国ドラマ「根の深い木」は、ハングル誕生を描いた全24話からなる韓国時代劇。韓国での視聴率は最高が2

記事を読む

韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」のあらすじ

長編の韓国ドラマという事で今回紹介する作品が、韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン(守百香)」(全72話

記事を読む

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」のあらすじ

来週、BSフジの月曜日から木曜日の午後3時頃からスタートする番組が、韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」です。全

記事を読む

韓国ドラマ「輝くか、狂うか」のあらすじ

今日からスタートした韓国ドラマ「輝くか、狂うか」(全24話)が何だか面白そうなので、どんな作品なのか

記事を読む

韓国ドラマ「夜叉(ヤチャ)」のあらすじ

BS11で毎週木曜夜8時から放送されている韓国ドラマ「夜叉」(全12話)が面白そうなので、どんな内容

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

韓国女優 キム・ジュヒョンのプロフィールは?韓国ドラマ「猟奇的な彼女」のヒロイン降板騒動

韓国ドラマ「金持ちの息子」でヒロインのヨンハ役をしていた韓国女優さん、

韓国ドラマ「金持ちの息子」は、キム・ジフンが金髪のチャラ男を演じる作品

平日の午前10時から放送しているBS11の韓国ドラマ「金持ちの息子」(

韓国女優 コ・アラのプロフィールと東方神起・ユノとの熱愛は本当だった?

韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」でヒロインのヨジ役を演じていたコ・アラ。

韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」は英祖の若い頃を描いた作品!主演はチョン・イル

すでに放送中ですが、韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」を紹介していなかった

韓国ドラマ「朝鮮ガンマン」イ・ジュンギ主演で元彼女 チョン・ヘビンとの共演作

BS日テレの平日午後1時台に放送されている韓国ドラマ「朝鮮ガンマン」(

→もっと見る

PAGE TOP ↑